通訳の方も同席される場合の効果的な録音方法とは?

By   2016年6月12日

17845-NRA0L7
Freepikによるデザイン

こんにちは。
カナ文字工房の関香奈枝です。
今回は、「通訳の方も同席される場合の効果的な録音方法」について、話を進めていきます。

さまざまな国の人が出席する場合、通訳の方を同席させることがありますよね。
日本語と外国語を同時に話す場合、録音した際に両方の言語が混じって録音されるため、非常に聞き取りにくいものとなってしまいます。
また、外国語の音量のほうが大きい場合、日本語部分がほとんど聞き取れなくなってしまうことがあります。
肝心な日本語の部分が聞き取れなくなってしまうと、正確な記録を残すことができません。
そんな場合はどうすればいいのでしょうか。

 メリットデメリット
逐次通訳を行うようにするそれぞれの言語が聞き取りやすくなる。
機材は一つでOK。
会議、講演会などの時間が多くかかる。
真の話し手と通訳の両方にマイクや録音機材を持たせる。同時通訳により会議、講演会を開催できる。
時間短縮になる。
それぞれの言語がきれいに聞こえるようになる。
機材が複数必要になる場合がある。

お客様のお手持ちの録音機材や使える時間に合わせて、どちらの方法が良いのかをお選びいただければと思います。

通訳が同席した場合の音声起こしに、ぜひ上の二つの方法を試してみてください。

正確な記録は、きれいな録音から始まります。
音声起こしを外注する場合、大幅な料金の節約にもなります。
いかにきれいに録音するかといったことを成功させれば、大事なお金を節約しながらプロの手による正確な記録を残すことが可能となるのです!!

 

もしご不明な点がある場合、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

お問い合わせは、お問い合わせフォームか、メール、お電話にてお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Category: お役立ち情報

About Kanae Seki

自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて映像字幕や文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系を得意としている。 趣味は料理、読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA