文字は時空を超えて情報を伝える

By   2018年4月2日

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。
今回は、文字は時空を超えて情報を伝えるというテーマで話を進めていきます。

ところで、あなたは古文書を見たことがあるでしょうか。私は歴史の教科書で見たり、博物館で展示されていたりするのを見たことがあります。古文書はずっと昔に生きていた人々が書いた文章であり、今もなお、当時の様子を伝えてくれています。

古文書が存在するおかげで、私たちは過去に起こったさまざまな歴史的事実を知ることができるのです。もし古文書がなかったら、私たちは自分たちの国や地域についての歴史を知ることは全くできなかったでしょう。文字による情報は録音された音声とは違い、録音機器がなかった時代の様子も伝えてきてくれているのです。

現代に生きる私たちも、時代が進めば古い時代の人となります。現在では当たり前のものであっても、後世の人々にとって私たちが書き残したものは全て、歴史を物語るものとして役立つこととなるでしょう。

もしあなたが

・テープ起こしをしてみてきつかった
・時間がなくて最後までできない
・自分で作成した原稿のチェックをしてほしい
・ほかにも作業がたくさんあるから外注したい

といった場合、
当事務所のテープ起こしサービスがお役に立てるかと存じますので、当ホームページのお問い合わせフォームまたはお電話にてご相談ください。
あなたの音声を文字化するサービスを行っております。
ご連絡を、お待ちしております。

事務所案内は こちら をクリックしてください。
資料請求は こちら をクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Category: サービス内容

About Kanae Seki

自己紹介 1977年11月、神奈川県横浜市生まれ。 地方公務員として保健所勤務、派遣社員として病院勤務を経て2013年9月起業。取材や講演会、セミナーなどの音声を文字化し、それらを活用したい人々に向けて映像字幕や文書を制作している。 前職の経験を生かし、医療系を得意としている。 趣味は料理、読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA